【洪瑞珍餅店】シンプルだけど不思議と美味しい台湾のレトロサンドイッチ
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

サンドイッチが台湾グルメの1つに数えられると言っても台湾にまだ行ったことがない人には信じてもらえないかもしれませんが、行ったことがある人なら分かりますよね。そう、台湾では朝食にサンドイッチというのがとっても一般的。早朝、街を歩くと作りたてのサンドイッチを売ってるお店をたくさん見かけるんですよ。それほど台湾ではサンドイッチが日常に浸透しているのです。昔ながらのサンドイッチを売ってるお店もあれば独自のアレンジを加えたニュースタイルのお店もあったりするのです。今回はそんな中からお菓子屋さんの販売する大人気のレトロサンドイッチ。台湾では超有名店の洪瑞珍餅店を紹介したいと思います。

洪瑞珍餅店

台湾でサンドイッチといえばココ!

洪瑞珍は台湾全土に展開する中華菓子のお店。餅店というのはそもそも鳳梨酥(パイナップルケーキ)、蛋黃酥、といった伝統的なお菓子を取り扱うお店なんです。なのですが、ここ洪瑞珍のイチオシはサンドイッチ! 看板にも堂々と「正宗招牌三明治」と書かれています。三明治というのはサンドイッチのことです。そうなんです、洪瑞珍と言えばサンドイッチ。サンドイッチと言えば洪瑞珍というくらい大人気なんですよ。

今回やってきたのは台中の中山路のお店です。

もうこのロゴを見ただけでテンションがあがるほどここのサンドイッチは美味しいのです。

お店の中に入ると甘いいい香りが漂ってきます。

こちらがそのサンドイッチ。ビニールではなく紙で包まれています。味もさることながらこのレトロなパッケージがなんともいえないいい味を出してるんですよね〜。

いろんなフレーバーがあります。これはイチゴですね。

芝士っていうのはクリームチーズのことです。

謎の満漢。

これは全粒粉。

原味はプレーンですね。

サンドイッチの他にもパン系の商品がいろいろとあるのです。このストレートな甘さが期待できそうなパン、ちょっとそそられますね。

なかなか日本では見られないようなものが揃ってます。

橘子蛋糕、抹茶紅豆、どんな味なんでしょうね? シフォンみたいな感じかな?

左の泡芙というのはシュークリーム。右の藍莓乳酪はブルーベリーチーズケーキ。

レモンケーキがありました。檸檬蛋糕、そのままですね。

サンドイッチは12個買うとこちらの箱に入れてもらえます。

不思議と美味しいしっとり食感のサンドイッチ

というわけで箱入り、12個購入しました。

こんな感じに12個でキチンと箱に収まるようになっています。

お店で扱っている全7種。箱にはもう1つ黑芝士というのが書いてあるのですがお店には有りませんでしたね。
※下の写真は芝士が2つあるので全部で7種です。

左から原味満漢芝士
原味は火腿(ハム)、蛋皮(薄い玉子焼き)を挟んだサンドイッチ。満漢は火腿、蛋皮、芝士(クリームチーズ)、スライスチーズを挟んだサンドイッチ。芝士はクリームチーズ、蛋皮(薄い玉子焼き)、スライスチーズを挟んだサンドイッチ。

原味23)、満漢30)、芝士26元

左から橘子草莓全麥
橘子はオレンジジャム、クリームチーズ、スライスチーズを挟んだサンドイッチ。草莓はイチゴジャム、クリームチーズ、スライスチーズを挟んだサンドイッチ。全麥は火腿(ハム)と蛋皮(薄い玉子焼き)を挟んだサンドイッチ(たぶん美奶滋(マヨネーズ)も入ってるんじゃないかな・・・)。全麥というのは全粒粉のことなのでこれだけ他とは色が違いますね。

橘子26)、草莓26)、全麥26元

最後は藍莓(右)。(左は全麥です)
ブルーベリージャム、クリームチーズ、スライスチーズを挟んだサンドイッチ。

藍莓30元

どのサンドイッチを見ても分かりますが具が薄く挟んであるのが分かりますよね。最近の具がボリューミーなサンドイッチとは違って昔懐かしいレトロなスタイルを貫いています。

食べてみるとパンの方の食感に特徴があるのが分かります。ふっくらというよりしっとりした感じで不思議とこれが美味しいんですよね〜。そして具がスッキリしているのでパクパクといくつも食べれてしまいます。個人的にはオレンジやブルーベリーなど甘い系のサンドイッチが好きですね。

こんなのもあります。スライスした食パン丸々使ったラスク。

レモンケーキも買ってみました。こちらはお馴染みの味です。

檸檬蛋糕28元

台北や台南にもお店があるので見かけたらぜひ食べてみてください。新幹線や電車で移動するとき用などに買って車内で食べるのもいいですね。

店舗情報

住所 台中市中區中山路125-2號
営業時間 9:00〜22:00
休日  
HP 洪瑞珍餅店
MAP
おすすめの記事