楽天モバイルのスマホを海外で利用する方法を解説します

海外旅行中でも現地でネット接続したいのは当然。方法としては海外用のWiFiルーターをレンタル、現地のプリペイドSIMを購入といった選択肢がありますが、国内で大手通信キャリアのブランドを使っているのなら「国際ローミングサービス」を利用できます。普段使っているスマホをそのまま持って行くだけで使えるのが便利ですね。

というわけでここでは楽天モバイルのスマホを海外で利用する方法について解説したいと思います。

楽天モバイルの基本情報

月額料金は従量制

楽天モバイルの料金プランは1種類だけなのでとてもシンプル。月額料金はその月に使用したデータ通信量によって変動する従量制です。

参考:楽天モバイル(公式)

データ通信量が3GBまでは1,078円、20GBまでは2,178円、20GB超過後は3,278円となっています。つまり最大でも月額料金は3,278円までです。

データ利用料 月額料金
3GBまで 1,078円
20GBまで 2,178円
20GB超過後 3,278円

データ通信量は国内・海外の合算

楽天モバイルの月額料金は月間のデータ利用量による従量制なのですが、そのデータ利用量は下記の3つのエリアでのデータ通信量の合算によって決定します

楽天回線エリア
※利用無制限。

パートナー回線エリア(国内)
※5GBまで。超過後は通信速度が最大1Mbpsに制限。

パートナー回線エリア(海外)
※2GBまで。超過後は通信速度が最大128kbpsに制限。

楽天回線エリア」は楽天モバイルの自社回線網が整備されているエリア。データ容量無制限で高速データ通信(4G、5G(一部))が可能です。

楽天モバイルは現在自社回線エリアを拡大中であり、まだ整備されていない地域もあります。未整備のエリアにおいては「パートナー回線エリア(国内)」でのデータ通信となります。ちなみにauの回線を利用しています。このエリアでのデータ通信はデータ容量が5GBまでで、超過後は通信速度が最大1Mbpsに制限されます。

楽天モバイルを海外で利用する場合は現地の通信キャリアの回線を利用する国際ローミングによってデータ通信を行います。データ容量は2GBまでで、超過後は通信速度が最大128kbpsに制限されます。

楽天モバイルを海外で使う

別途利用料は不要

前章でも説明したように従量制を採用している楽天モバイルの月額料金には海外でのデータ通信量も含まれているので、

前章でも説明したように従量制を採用している楽天モバイルの月額料金には海外でのデータ通信量も含まれているので、海外で利用する際に別途利用料金が発生することはありません

例えば海外で楽天モバイルを利用した月の月額料金は以下のようになります。

月額料金の例

例1:国内で利用なし(0GB)/ 海外で800MB利用
合計のデータ利用料が3GB未満なので月額料金は1,078円

例2:国内で1GB利用 / 海外で1GB利用
合計のデータ利用料が3GB未満なので月額料金は1,078円

例3:国内で2GB利用 / 海外で2GB利用
合計のデータ利用料が3GB~20GBなので月額料金は2,178円

例4:国内で19GB利用 / 海外で2GB利用
合計のデータ利用料が20GB以上なので月額料金は3,278円

対応地域

楽天モバイルを海外で利用する場合、66の国・地域でデータ通信を行うことが可能(2020.3.27現在)。台湾でも利用可能です。

対応エリア

北米

  • アメリカ(本土)
  • アラスカ
  • カナダ
  • グアム
  • サイパン
  • ハワイ

アジア

  • インド
  • インドネシア
  • 韓国
  • カンボジア
  • シンガポール
  • タイ
  • 台湾
  • 中国
  • フィリピン
  • ベトナム
  • 香港
  • マカオ
  • マレーシア
  • ミャンマー

オセアニア

  • オーストラリア
  • ニュージーランド

ヨーロッパ

  • アイスランド
  • アイルランド
  • アンドラ
  • イギリス
  • イタリア
  • エストニア
  • オーストリア
  • オランダ
  • キプロス
  • ギリシャ
  • クロアチア
  • サンマリノ
  • ジブラルタル
  • スイス
  • スウェーデン
  • スペイン
  • スロバキア
  • スロベニア
  • チェコ
  • デンマーク
  • ドイツ
  • トルコ
  • ノルウェー
  • バチカン
  • ハンガリー
  • フィンランド
  • フランス
  • ブルガリア
  • ベルギー
  • ポーランド
  • ポルトガル
  • マルタ
  • ラトビア
  • リトアニア
  • リヒテンシュタイン
  • ルーマニア
  • ルクセンブルク
  • ロシア

中南米

  • グアドループ島
  • プエルトリコ
  • 仏領ギアナ
  • 仏領サン・マルタン
  • ブラジル
  • 米領バージン諸島
  • ペルー
  • マルティニク
  • メキシコ

アフリカ

  • マイヨット島
  • 南アフリカ
    モロッコ
  • レユニオン

利用手順

開始設定(出発前)

my 楽天モバイル」アプリにログインして「契約プラン」画面から「海外ローミング(データ通信)」をONにします。

開始設定(現地到着後)

スマートフォンの「データローミング」をONにします。

※データローミングの設定(例:iPhoneの場合)
「設定」>「モバイル通信」>「通信のオプション」>「データローミング」>「ON」にする。

停止設定(サービスの停止方法)

my 楽天モバイル」アプリにログインして「契約プラン」画面から「海外ローミング(データ通信)」をOFFにします。


停止設定(帰国後)

スマートフォンの「データローミング」をOFFにします。

※データローミングの設定(例:iPhoneの場合)
「設定」>「モバイル通信」>「通信のオプション」>「データローミング」>「OFF」にする。

超過後はチャージが可能

楽天モバイルを海外で利用する場合、海外でのデータ通信量が2GBを超過すると通信速度が最大128kbpsに制限されますが、国内と同様にチャージすることで再び高速通信を利用することができます。チャージの料金は1GBあたり500円(不課税)です。

まとめ

海外利用において別途料金が不要なのは大きなメリットですね。国内・海外合わせて3GB以内に抑えれば1,078円、20GB以内なら2,178円、普段から国内で20GB以上使っているという人なら海外で2GBフルに使っても月額料金は3,278円のままです。

2GBあれば3泊4日程度のスケジュールならじゅうぶんではないでしょうか。上手く利用すればレンタルWiFiやプリペイドSIMより安くなるし、何よりスマホをそのまま持って行くだけでよいというのが便利ですね。

おすすめの記事