知ってると便利! 台湾で使えるフリーwifiいろいろ

台湾のみならず海外へ出かけるときに必ず出てくる問題がインターネット接続の方法です。日本の通信キャリアにはパケット定額制サービスがあるわけですがこれが結構高いのであまり使いたくないんですよね。その点、台湾は無料WiFiサービスが充実しているのでかなり便利。レンタルwifiを使っている場合でもこれらの無料wifiを利用すればじゅうぶん節約することができます。というわけで旅行に出かける前に台湾で使える無料wifiをしっかり調べておきましょう。

国や自治体が提供する無料wifi

iTaiwan

台湾全土で展開されている無料Wi-Fiサービス。渡航前にオンラインで申請を行うことが可能。到着後、空港で申請したアカウントを有効化することによりすぐに使用可能となります。

※「iTaiwan」は2020年7月1日(水)から登録不要で利用可能になりました。

Taipei Free(台北フリー)

台北市が提供する無料wifiサービス。申請や登録は不要で誰でも利用することが可能。MRTの駅、病院、図書館、学校、行政施設など台北市の公共施設の多くは無料Wi-Fiの設備が施されています。

交通機関が提供する無料wifi

台北MRT(メトロ)

台北MRTの駅構内や電車内で利用できる無料wifi。路線も多く駅の数もたくさんあるのでかなり便利。また電車内で利用できるのも嬉しい。

高雄MRT(メトロ)

高雄MRTの駅構内や電車内で利用できる無料wifi。台北に比べると駅の数は少ないが「ここに来ればwifiが使える」という安心感はある。

國光客運の空港リムジンバス

國光客運の桃園區烤~台北市内のリムジンバスで利用できる無料wifi。空港の無料wifiと合わせて入国してから台北市に入るまでは無料wifiが利用できるということになる。

その他の無料wifi

寧夏夜市

寧夏夜市で利用できる無料wifi。夜市で利用できるのは嬉しいのだがよく接続が切れる・・・。

台北地下街(Y区)

台北駅北側にある台北地下街(Y区)利用できる無料wifi。こちらもあまり接続はよくないのであまり期待しない方がよい。

レンタルWiFiと併用することをおすすめ

いくら台湾の無料WiFiが充実しているといっても無料WiFiだけに頼るというのは正直おすすめしません。例えば街を歩いているとき「ちょっとGoogleマップで場所を確認したい」とか「これから行くお店の営業時間を調べたい」などネットに接続したいときっていうのは決まって無料WiFiが無いような場所にいるときなんですよね。

またトラブル防止という観点でも常にネットに接続できる状態を確保するというのは非常に意味があります。

そういったケースをカバーするのであればレンタルWiFiを利用することをおすすめします。「海外パケ・ホーダイ」のような日本の通信キャリア(携帯会社)のサービスを利用するよりずっとお得です。
※ドコモ「海外パケ・ホーダイ」:1日約24.4MBまで1,980円/日、それを超えると最大2,980円/日

台湾で利用できるレンタルWiFiのサービスを提供している会社はたくさんありますが、おすすめのレンタルWiFiには以下のようなものがあります。

充実したサポートを求めるなら「グローバルWiFi」

※画像はグローバルWiFi HPより引用

現地でなにかトラブルがあってもLineやSkypeでリアルタイムに問い合わせが出来るのがグローバルWiFiの最大の特徴。サポート面では最も安心して利用できるレンタルWiFiです。

なお現在「台湾の風」をご覧いただいている方には下記のキャンペーンが適用されます。下のリンクからお申込みください。

  • 利用料金が1,000円割引
  • 受渡手数料が無料

利用料金の安さを求めるなら「台湾データ」

※画像は台湾データ HPより引用

4G/LTEが使い放題で1日590円という安さ。しかも宅配での受取・返却も無料というのも特筆すべき点です。また10台の端末が同時に接続可能なのでグループ旅行にも最適です。

柔軟な受取りを求めるなら「イモトのWiFi」

※画像はイモトのWiFi HPより引用

宅配での受取は配送時間帯の指定も可能。+450円で出発日の前々日の宅配もOK(+900で3日前、+1,350円で4日前もOK)。また本社受取(受取手数料無料)という方法があるのもイモトのWiFiの特徴です。

おすすめの記事