台湾の郵便局(郵局)の利用方法、台湾から日本へ、日本から台湾へ

台湾において日本の郵便局の位置づけとなるのは郵局(中華郵政)。初めて台湾へ行くという人がお世話になることは先ずないかと思いますが、旅慣れた人であれば利用することもあるのではないでしょうか。例えば台湾旅行へ行ったときにお土産をたくさん買い過ぎてしまったので日本へ郵送して身軽になって帰国したい、というような場合に使うと便利ですよね。というわけで今回は台湾の郵局の利用方法をいろいろと紹介したいと思います。

台湾の郵便局は「郵局(中華郵政)」

台湾では郵便事業、及び郵便貯金事業を中華郵政という国営企業が行っています。中華郵政は通称「郵局」と呼ばれています。
参考:中華郵政全球資訊網

日本ー台湾間で荷物のやり取りが可能で日本の郵便局から送った場合は台湾の郵局が、台湾の郵局から送った場合は日本の郵便局がそれぞれ配達を行います。

郵局を探す方法

各地の郵局を探すには中華郵政のHPを見ればわかるのですが、「e動郵局」という公式アプリをインストールしておくと簡単に探せて便利です。アプリについて詳しくは下記の記事を参考にしてください。

台湾から日本へ荷物を送る

箱は郵局で調達可能

台湾の郵局(郵便局)では便利箱と呼ばれる発送用の箱を販売しています。サイズは5種類ほどあるので荷物の量に合わせて選ぶことができます。しかも便利箱を使って郵局から発送する場合、箱代が実質無料になるという「便利箱サービス」というのがあるのでぜひ活用しましょう。

※画像は中華郵政HPより引用

到着までの所要日数・費用

発送した荷物が日本へ届くまでの日数、及び費用については以下を参考にしてください。 ※天候など諸事情で変動する可能性もあるのであくまで目安としてください。

※【重量:3㎏の場合】

発送方法 所要日数 料金
EMS(国際スピード郵便) 2~3日 850NTD
航空便 7~10日 700NTD
船便 15~25日 540NTD

発送の手続きについて

台湾から日本へ荷物を発送する場合は、EMS(国際スピード郵便)、航空便、船便のいずれかになると思います。それぞれの手続きについては下記の記事を参考にしてください。

船便については記入する小包ラベルは航空便と同じで、発送方法を選ぶ項目で「航空(航空便)」「水陸(船便)」のどちらを選ぶかが違うのみです。

EMS(国際スピード郵便)の場合

航空便の場合

日本から台湾へ荷物を送る

日本から台湾へ荷物を送るというケースはあまりないかもしれませんが、極力荷物をコンパクトにする為に郵送するというのも一つの手段です。

郵送する場合は宿泊するホテルへ届けることになるでしょう。ホテルに事前に連絡して保管してもらい、到着時に受け取ればOKですね。発送の手続きは簡単だし、分からなくても郵便局に問い合わせれば問題ありませんね。

ホテルに保管してもらうのが不安、或いは民泊を利用するので発送できない、というような場合には局留(郵便局留)を利用することができます

郵便局宛てに荷物を発送してその郵便局に留め置き、受取人が郵便局に出向いて荷物を引き取るという方法です。台湾の郵局でも可能なので局留で発送して現地到着後に自身で荷物を受け取ればOKです。

その他の郵局の利用方法

台北駅の郵局で外貨両替

台北駅構内にある郵局では外貨両替ができるのです。しかも手数料がかかりません。台北駅という分かりやすい場所にあるので知っておくといざという時に便利ですよ。

郵局(郵便局)の口座へ振込

通常の旅行ではまず利用することはないと思いますが、郵局(郵便局)の口座へ現金振込を行う方法も紹介しておきます。もし利用することがあったら参考にしてください。

おすすめの記事